212. Mag Feed

2017.07.05

We can dig it. (#2-1/2) / 212.Mag

きのうのつづき....

Img_4481

Img_4466

Img_4487

Img_4449

Img_4453

Img_4458

Img_4474

Img_4478

鬼(雨雲)の居ぬ間に...とばかり新入荷のキャップ、スニーカーはオンラインにも。

再入荷の分も入れると書き切れないのでとりあえずチェックおなしゃす〜

__________________________

そしてこちらは超久々〜のリリースです。

Img_7998

212 Mag./Broadway

刊行のペースを早めるってことで、価格も内容もスナップのみに絞って原点回帰的(a.k.a 初期衝動的)リニューアル。

今号はNYCの"ド"真ん中を南北に貫く"Broadway"周辺にフォーカス。

Img_8001

新宿で言うアルタ前、原宿で言う表参道、廣島で言うそごう前...もういいか、とにかくあのへんの超繁華でちょいハイプなノリが延々続くブロードウェー。非常に買いやすいお値段ですので是非チェックを

PROPS-STORE

12:00-20:00

☎03-3796-0960

e-mail:propssupply@me.com

Props-Store on Google Map

Props Store Online Store

Props Store on Instagram

Props Store on Twitter

Props-Store on Tumblr

2015.04.24

212.magとNYU

待ちに待ってた給料日と同じくらい、いやソレ以上に待っていた方が多いと

思われる"212. MAG"の新刊が満を持して登場です。

212mag_24_cover1_ourlivesmatter212. MAG/#24

今回のエリアはジャマイカとクィーンズ。

一般的なメディアではなかなか目にする事の無いエリアですが、独特のスタイルには

喰らうこと間違いなし。

NYC全体で撮ったストリートスナップもクラシックとトレンドが良い塩梅で

ミックスされ、テキストも読み応え充分。

社会問題に深く切り込んだ硬派な特集も必読です。

Jamaicaqueens_13

Streetstylesnyc_12

そして来る4/26 (日)からは当店から徒歩3分のご近所で212. MAGの写真展が

開催されます。

20150424_183851

212. MAG:Photo Exhibition "Live it up"

期間:4/26 (日) 〜5/9 (土)

場所:オーガニックテーブル バイ ラパス

東京都渋谷区神宮前3-38-11

原宿ニューロイヤルビル 1F 15号

入場無料

212.MAGを主宰するTETSUさんも期間中ほとんど会場にいらっしゃるようですし、

NYの事をいろいろと聞くチャンスでもあると思うんでお近くに来られた際は

是非〜

++++++++++++++++++++++++

そして今日もいろいろと新入荷のアイテムを

Ch1919Champion "Rec Mesh Tee"

Img_4983American Needle x Topps/Snapback Cap

オンラインストアにアップしています。

ぜんぜんご紹介が追いついてませんが、小ネタはインスタでちょこちょこ

やってますんでそちらもご覧頂ければと。

で、今日はくだんの212 magとNY繋がりで

Img_4820【Official】 New York University/6panel Twill Cap

ようもこんなマンハッタンのド真ん中にあるね〜って感心するくらい

ド真ん中にあるNYU(ニューヨーク大学)のオフィシャルグッズ。

場所柄もあってか、大学の購買とは思えないほど気の利いたデザインが

あるのがココならではの魅力かと。

Img_5886

ちょっと大きめなカンバッジもあり〼。

Img_5995【Official】NYU/1-3/8" Can Badge

という訳で今週末も皆様のご来店をお待ちしています〜

++++++++++++++++++++

PROPS-STORE

東京都渋谷区神宮前3-31-18 外苑コーポ103

12:00-20:00

無休

☎03-3796-0960

e-mail:props2006@nifty.com

2013.12.19

ポンコツなりに考えたギフトアイデア。

こんばんは。

鬼の年末を前にして気持ちだけ前にいっちゃって体がついて来てくんなくて、

いつにも増してポンコツっぷりがヒドいです。

でもとりあえず神田まで行って6本ほどお注射してもらったし、相変わらず

はっとりセカンドのオバちゃんは優しいし、ヨゴローさんの美味しいカレーを糧に

何とか頑張れそう...イヤ、ちゃんとやります。

.

.

というワケで去年、大変好評だった"あの"カレンダーの2014年バージョンが

本日から発売でございます。

Cover_2014212.MAG/New York City Streets Calender 2014'

メディアでは伝えられない"ホント"のNYの"日常"を伝えるオンリーワン212. MAG

"ならでは"のカレンダーです。

他では見れない厳選された写真と共に

August2014

日付の部分には日本の祝日とともにアメリカの祝日や、カルチャーの発展に

寄与した人物の命日が記されています。

使いやすいサイズ(A3)も◎。

紙質、画質も最高なんで、使い終わったら使い終わったで、バラして額に

入れとくのも良いと思います。

去年よりは在庫を多めに積んでみましたが....

足早いし、ちょっとしたギフトにも最適なんでお早めに....

.

.

ギフトの話が出たんで....

こういう時季なんで、当店にもプレゼント探しの方が結構いらっしゃいます。

ただモノが指定されてる、サイズも完璧にわかってる、って場合は良いんですが

そうじゃない場合も多々。

そういう場合は『お二人でいっしょに使えますよ〜』っておススメしてるのが〜

Freeshipwz_2

W.Z.SACのバッグです。

ココンちのバッグならサイズも関係ないし、普段使うもんだし、流行廃りもないんで

"もらって嬉しい、あげて嬉しい"数少ないアイテムだと思います。

そしてこういう時季なんで、今日からクリスマスの当日、25日まで限定でW.Z.SACの

アイテムは全品送料無料とさせていただきます。

212のカレンダーに二人の記念日書き込んで渡すのも良いかもネ。

*今年こそは!と思ってたんですが、ギフトラッピングはやってないです....

すいません....

サイズはレギュラーとミニマムの2サイズ、カラーはソリッド、バイカラー、

柄物とばっちり揃ってますんで是非。

2

Wzsacfw13tartan

10_2

Wzsacfw13dt6

【W.Z.SACの全アイテムはこちらから】

*オンラインストアのカートの構造上、ご注文が完了するまで送料は通常通りの

加算となりますが、ご注文の確認後に当方にて修正し、"発送のお知らせメール"の

際に正しい金額をお伝え致します。

またクレジット決済の場合もご注文の完了後に当方にて金額の訂正を行いますので

予め御了承下さい。

お電話でのご注文、指定日配送も承ります。

*お電話でのご注文は代金引換決済のみとなります。

TEL:03-3796-0960

12:00-20:00

PROPS-STORE

2013.10.17

212.MAG 10周年記念写真展 "We don't stop it."

NYのリアルなストリートスナップを通して現地の空気感や独自の文化を伝えて来た

212. MAGが今年で10周年。

2011_cover

その10年と言う節目を記念した写真展を地元・大阪にて開催するそうです。

Wedontstopit_posterimage_1

【212.MAG 10周年記念写真展】"We don't stop it."

日時:11/22(金)〜11/26(火)

日程:PINE BROOKLYN

大阪府大阪市福島区福島1-2-35

TEL:06-6225-7097

HP:http://pinebrooklyn.com

__________________________________

今回はタイトルを『We don't stop it』と題して、10年以上に渡り撮り続けている写真を

一堂に会する。

今まで自分が撮ってきたのは、有名なセレブやアーティストではなく、

あくまでストリートに生きる無名の人々。

しかし、そんな彼らこそがシーンの主人公であり、彼ら一人一人の力が大きな一つの

うねりとなって、過去から現在へとこの文化を押し進めて来た。

そして、それは今や世界中の人々に広がって、自分たちも次の世代へとそれを

受け継いで行く役割を担っている。

また彼らは過酷でタフな環境の中でも、そこで "生きる" 事を止めなかった。

時に助け合い、時にしたたかに、その街で生きる知恵を自ずと身に付けて、

そんな環境の中でもたくましく生きてきた。

『We don't stop it 』

ー 私たちはそれを止めない ー

それは自分たち自身が大切にしているものである。

人それぞれ、大切にしているものは違えど、

それを止めずに続けて行く事は、最終的に "生きる" 事へとつながっていくのだと思う。

_________________________________________